論考 「集団的自衛権、武器輸出、ODAという『3本の矢』」

2015年7月16日-1024x576

日本で起きている集団的自衛権解禁や安保法制の動きを、武器輸出解禁やODAの「戦略化」といった他の政策との関連で概観した当会代表の川崎哲・ピースボート共同代表の論考を紹介します。これは主に海外の読者向けに書かれたもので、韓国のネットメディア「Pressian」に7月16日付で掲載されました。(リンクはこちら:http://www.pressian.com/news/article.html?no=128168

 

原文の日本語および英語版と朝鮮語版を紹介します。

集団的自衛権、武器輸出、ODA --米軍との一体化への3本柱-- 川崎哲(PDF)

The Right to Collective Self-Defense, Arms Export, and ODA – The Three Pillars of Japan’s Integration to the US Military – by Akira Kawasaki 29 June 2015(PDF)

집단적 자위권, 무기 수출, ODA – 미군과의 일체화로 가는 3 개의 축 – 가와사키 아키라(PDF)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*