衆院強行採決にあたって代表声明を発表しました

2015年7月16日

集団的自衛権問題研究会では2015年7月16日、衆議院本会議での安保関連法制の強行採決にあたって、代表の川崎哲による声明「-衆院強行採決- 民主主義を脅かす独善政治を批判する」を発表しました。こちらからご覧になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*